EINBAND-アインバンド- 公式ブログ
MENU

ウッドウォッチの木の種類

2   0

当店で販売していますウッドウォッチの木の種類についてご紹介していきます。

Sandalwood サンダルウッド/白檀
200907201.jpg

産出国はインド、インドネシア、オーストラリアが主で高級天然木の一種として幅広く利用されています。
サンダルウッド【白檀】から取られる白檀オイルには殺菌作用、利尿作用の薬効成分があると言われ、薬用にも広く利用されています。
地域によっては気分のつっかえと取り除いたり、爽快感を与えるため『癒しの木』としても有名な一種です。
同じ仲間として、「red sandalwood/赤白檀」・「black sandalwood/黒白檀」・「green sandalwood/緑白檀」などカラーごとにウッドウォッチに使用されています。


Maplewood カエデ木
140503_3.jpg

カエデ(メイプルウッド)は木質がやや硬いので加工が困難ではあるが仕上がりがとても綺麗で家具や楽器にも使用されています。主な原産国は北米、カナダで衝撃にもとても強いです。


Zebrawood ゼブラウッド/ゼブラの木
IMG_77501213.jpg

原産地はアフリカ大陸の中央部にある熱帯雨林、特にカメルーンやガボンなどの西アフリカに多く生育している一種です。
見た目のようにシマウマのような美しい縦縞がある事からゼブラウッドの名がつきました。
この木もメイプルウッド同様加工が困難ではありますが、仕上げ面には光沢があり非常に綺麗な仕上がりになることが特徴といえます。
昭和30~40年代にかけて洋服タンスの化粧板に使われ大流行したことも有名です。



チーク材(インドネシア)/チーク色
IMG_775512113.jpg

チークはマホガニーと並ぶ優良高級材として様々な用途に用いられる銘木の一つです。
堅く強靭で耐久性があり、病害虫にも強い。
非常に高価な材料とされ、船舶用材や建築材として使用されています。
素材そのものの頑強さと、季節や天候の変化に動じない耐久性をもつ
また強い風の中でたゆみ、折れないしなやかさがあります。
樹脂は耐水性にたけており、エッセンシャルオイルは木を老朽化、害虫やバクテリアから守る効能を持っている。



Walnut ウォールナット/クルミ木
IMG_77541213.jpg

原産地 : 北アメリカ・カナダ。
チークやマホガニーと共に世界三大銘木の一つに数えられる。
木質は重硬で衝撃に強く、強度と粘りがあり、狂いが少なく加工性や着色性も良いという特性を持つ。
耐衝撃性の強さを生かしてライフルの銃床にも使用される。



Bamboo バンブー /竹
IMG_77511213.jpg

原産国 : 中国。
削る・曲げるなどの加工が容易です。
無加工の状態でも防腐しにくいため保存がしやすい。
東南アジアではビル建設の足場材として使用されてるなど強度の強さも兼ね備えた素材。



Ebony Wood エボニーウッド/黒檀
IMG_77591213.jpg

原産地 : スリランカ・アフリカ
通称「黒檀」高級素材で最も黒い木として有名です。
世界の家具にも使用される強度の高い木材。
ウッドウォッチを作るにあたっても最も高価な素材です。



Rosewood ローズウッド/紫檀
IMG_77531213.jpg

原産地 : インド・マダガスカル
ツルサイカチ属の植物に冠される総称。ローズウッドは一般的に茶や赤茶の色をしている。
日本では紫檀(シタン)とも呼ばれている。
ギターやバイオリンなどの楽器にも使われている木材です。



Acacia アカシア
IMG_775612213.jpg

原産地 : マレーシア
木柄はウォールナットに似た濃く深みのある色合いを持ち、材質的にも重厚で高級感があります。
熱帯では花木として庭園に植えたり並木とするほか、
材が堅く耐久性があるので建築・車材・その他家具材として使われています。


以上が主に扱っている木の種類となります。
ご参考までに御覧ください♪



Category : 木の種類

SHARE

2 Comments

ホウリョウ マコト says..."木の種類について"
ひとつ伺いたいことがありましてお初にメール申し上げます。

例えば「木の種類」を上記以外から指定して制作をお願いすることは可能でしょうか?

ちなみに「ヤチダモ」で御社の素敵な腕時計は作れるものでしょうか?

全くの素人ですのでご回答宜しくお願い申し上げます。
2015.12.22 17:36 | URL | #- [edit]
says..."No title"
ご質問ありがとうございます。
申し訳ございませんがご指定いただいたウッドウォッチを製作することはいたしておりません。
申し訳ございません。
今後ともよろしくお願いいたします。

アインバンド 中村
2015.12.22 20:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://einbandblog.com/tb.php/88-70760a5d
該当の記事は見つかりませんでした。